夢だったスペイン留学を果たしました。

その時、最初は学校の勉強だけでスペイン語を何とかしようと思っていたのですが、それではせっかくスペインにいる意味がないと思いました。

そこで私が考え付いたのは、お酒が好きだったということもありますが、スペインといえばバルです。

ということで、毎晩バルに通いました。

ちなみにスペインは治安がいいのと、シエスタがあるので、夜にかなりの人が繰り出しています。

なので、女性の夜中の一人歩きも怖くありません。

22時ころから1人でバルに通ってカウンターに行き、ビールを1杯頼むのですが、女性が1人、しかもスペイン人ではない女性がいるので、ほぼ確実にスペイン人のおじさんやおじいちゃん、時には若い人も声をかけてきます。

そこでいろいろと話を始めるので、これが私の生きたスペイン語学習となり、だいぶスペイン語能力も上がりながら、お酒もおごってもらえたので、楽しくスペイン語を学ぶことができました。